kobe御影からの発信

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨の映画

<<   作成日時 : 2018/07/05 18:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

豪雨警報や避難勧告の一日 ぼんやり窓の外を眺めて過ごす 雨は好きな方だが長雨は小野小町同様好きでない
暇にまかせて雨が印象的な映画を思い出してみた 
最初に思い出したのは題名にも雨が入っている
「雨に唄えば」 ジーンケリーの雨の中のダンスが印象的だが 日本映画にはないミュージカルを堪能させてくれた
「シェルブールの雨傘」出演:カトリーヌ・ドヌーヴこれも音楽が好きだった
音楽続きで思い出すと
「ティファニーで朝食を」ムーンリバーのメロディが好きで オードリーヘプバーンが雨の中で子猫を探す切ないラストシーンが印象的だった
小説を読んだあと 見た映画では古いが林芙美子原作 高峰秀子主演の
「浮雲」 屋久島は年に400日雨が降ると云うセリフを今でも覚えている暗い話だった印象
 同じく小説の映画化サマセット・モームrain から
「雨に濡れた欲情」南太平洋の島の出来事 宣教師と娼婦の話 テクニカラーの立体映画でほとんど大雨のシーンだった記憶
井伏鱒二の小説からは
「黒い雨」原爆の恐怖と悲劇を描いた日本映画
悲しい話続きで古いイタリア映画
「自転車泥棒」これが何故「雨」なかと言うとこの映画を見た大学助教授の話 
日本で突然雨に合うと軒下を走るが イタリアのビルには軒下が無いのに
やはり建物に沿って走っているのだ そんな話を思い出したから
男と女の話ではつぎの3つ
「マディソン郡の橋」
雨の中 街を去るクリントイーストウッドの車をそっと見送る女
「カサブランカ」
パリの駅でボギーが雨に濡れて待ちぼうけを食うシーン 君の瞳に乾杯など日本人には言えなかったセリフと共に バーグマンの横顔が浮かんできた
「哀愁」 ヴィヴィアン・リー、ロバート・テイラー 主演 舞台は第一次世界大戦下のロンドン 空襲警報が鳴り響く雨の“ウォータールー橋”で出会った英国将校クローニンとバレエの踊り子マイラ ローソククラブで踊る二人 
ダンスホールラストの曲はスコットランド民謡 日本ではおなじみ「蛍の光」
学生時代通ったダンスホールもラストはこれで 名残惜しくパートナーをしばらく離さなかった古い想い出まで 付いて来た

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
okmotoさまは素晴らしい頭脳明晰な方ですね。
よく覚えておられますね。
私にはありえない事です。
昨日は雨
ツタヤに行きました。
「ワードでお絵かき」の本を取り寄せてきました。
美術ならぬ、絵は苦手です。
なんとか描きたい
そう願ってです。

DVD、何を借りてよいのか
わかりません。
難しい映画は理解できなくなっています。
これは面白そうだと思っててにしたDVD
娘から言われました。
「それ前に借りているよ」
これが現実です。
ためいきがでました。
aiko
2018/07/06 13:21
雨ばかりで退屈です 「頭脳明晰」とは恐れ入ります あの映画の題名は何だったけ! あの綺麗な女優の名は?などとネット検索しながらですよ
DVDは借りるのですが 本は同じものを買ってしまう事があります すぐ気が付かず 半分以上読んで あ!などと言う事も よくありありました
okmto
2018/07/06 14:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨の映画 kobe御影からの発信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる