kobe御影からの発信

アクセスカウンタ

zoom RSS 24時間テレビ

<<   作成日時 : 2016/08/28 14:18   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 1


日本テレビ系列の24時間テレビの放送をチラチラ見ながら他の仕事をしている、この番組に異論のある人もいるようだけれども、寄附文化の無かった日本に寄附と言う行為を根付かせることに少しは貢献したのではないかと考えている。

読売テレビ50年社史を引っ張り出して調べました「24時間テレビ」は日本テレビ開局25周年、読売テレビ開局20周年記念特別番組として、1978年(昭和53年)に開始した書いてある。
開始当時はスタッフとして放送に関わっていたがその時の印象よりも、OBになってからボランティアとして募金基地で徹夜した時の方が印象が大きい。

募金基地でのエピソードを少し書いて見よう。
まず子供が持って来た貯金箱を机の前に並べながら聞いて見ると、「お小遣いを貯めて持ってきました」との返事、その小さな善意が集まって車椅子とか入浴車になり、必要な方に届けられる、そのようなことを知っていて「1年間貯めた」と言うのです。

デパート前の募金基地には大きな募金箱が置かれていました、募金者の気持も考えて中身は見えないボックスです、ある年大工さんの団体がガラス張りの家の形をした募金箱に数千円の募金を入れて持ち込んだのです、その募金箱を前面に出したところ、ガラス越しに千円札が見えるので10円を入れる人が少なくなり募金額がいつもの倍額になったことがありました、来年もこの方式で行きましょうとの提案は却下でした、残念!

長年観察していると募金に協力的か否かが判るようになってくるのです、服装のきちんとしたマダムよりもおばちゃんと呼びたい人の方が意外と大金を投ずるようでした。

募金基地に毎年現われる子たちが居たのです、その子たちと言っても20歳前後の人で何処かに障害が見受けられる人達です、この日ばかりは自分たちも仲間に入れるのが嬉しいというような顔つきで募金箱を大事に抱えて待っているのです、放送のカメラがオンエアされる時赤ランプが点くのも知っていたのです。

ある年、大音量の軍艦マーチと共に街宣車が横付けです、「責任者は何方ですか?」と例の服装に長靴の男が車から降りて来たのです、嫌な予感がしたが仕方がない 「私です」と男の前に出ました、するとマイクを通した大きな声で「家の娘から預かってきた募金です」と大きな巾着を差し出すのです、これを受取りマイクを取りあげて「ありがとうございます、お譲さんによろしく」 と敬礼してご機嫌よくお引き取り願ったのでした。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
全文拝読!!◆まあΣ(・□・;)24時間テレビに、お仕事として関わり、
退職後も 参加されておられた (@_@)おもいれも大きいでしょうね、、

◆毎年見ていますが、、今年は 久しぶりの 「羽生選手」の部分のみ
編集して、録画を残しています

■寄付は機会があれば、致します、、以前ある救援基金に定期的に 
送金していましたが現在は、やめちゃっています、続かないお恥ずかしいです 
身内を助けるに精一杯、、<(_ _)>、、
★寄付は 貧者の一灯も尊いですが、お金持ちの 億円の寄付もありがたい事
とおもいます、、(*'▽')
chiaki
2016/08/30 07:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
24時間テレビ kobe御影からの発信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる