ミステリーツアーの結末

金曜から土用にかけてのバスツアー 結論から書くと失敗 予想が外れであまり面白くない旅だった。

東に向かって湖のほとりの宿 とある温泉 おとぎ話の場所 それで予想したのが 浜名湖 三保ノ松原 バスが名神高速を走るのは予想とおりだが大垣に立ち寄り 城の見学 芭蕉の句碑巡り?奥の細道は東北と違うの?その程度の知識で小雨の中バスを降りる 「奥の細道」は江戸から東北そして日本海沿岸を廻り ここ大垣が結びの地だという事を初めて知った 勉強にはなったが雨のせいもあり不愉快 
画像


次に小牧ジャンクションを左に入った時には機嫌が悪くなる 湖は諏訪湖か! ここは信州の旅ごとに休憩もしたり宿泊の経験もある温泉なのでがっかり それでも湖の見える宿で夕食は個室で日本食 貸し切り露天風呂もある一流旅館だそうなので期待した 
画像


最初に裏切られたのがウオッシュレットが出ないので部屋のチエンジを要求した結果 湖が見えない部屋 個室の夕食は5時半からでお腹が空いていないせいもあり おいしくない 誕生日祝いでサービスのワインは我が家の1000円ワインより不味く飲まない 貸し切り露天風呂に入るほど期待はしてないがここも3か所しか無いのでは期待しても無理 

さらに文句を書くと翌日の観光はなんと寒天 焼酎 木工所見学と土産物売り場ばかり そう おとぎ話に出てくる場所は「寝覚の床」でここも何回か行った事が有るが 浦島太郎伝説は香川県仁尾町の話だと子供の頃に聞いていたので 海から遠いこの地に浦島太郎伝説が有るのも気にいらない 
画像


半年前の御岳山と駒ケ根の旅は同じ会社の旅だったが満足度は雲泥の差 ミステリーに期待するのはダメだと判った 最後は馬篭の宿を疲れた足で散策して帰路 それでもバスの旅は自分で運転しなくて良いので居眠りでうとうと
画像


最後の失敗はバスの乗り場と降り場が500m以上離れているのを忘れていた事 乗り場近くの駐車場に置いてあるマイカーまで重い荷物を(何故か女は人にあげる土産を買い物が好き)持って歩く羽目、以上ミステリー失敗談でした

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック