台風と気圧の事

台風5号が近づいてきたので テレビのニュースに釘づけの午後 リポーターがヘルメット姿で海岸に打ちよせる波の中継にも飽きたので我が家の気圧計を見ると994hpa テレビは台風通過中の気圧は970hpaと表示 台風の目は100km位南なのでこんなものかと納得
画像

ところが良く見ると 我が家の気圧計の最低目盛りは980hpaまでしか無い 製造元のドイツには台風が来ないからか?などとつまらぬ事を考える

暇なついでに気圧の勉強 1気圧は1013hpa 昔小学校で習ったのは760mmHg だったなどと思い出す
山に登ると気圧がさがり高山病になるがどのくらい下がるのか調べた 100m で10hpa 低くなるそうだから我が家の標高は200m したがって常に20hpa 位下界より低い筈なのだ しかしこの気圧計は晴天の日に天気図を見ながら1013hpaに補正してある それを勘案すると今日の15時我が家のの気圧は974というわけか!

飛行機の機内の気圧は高さ2000mの山くらいに調節しているらしいから 1013-200=813hpa の気圧なのだ 此処で酒を飲み過ぎて悪酔いしてはいけないので 持ち込みの酒は飲ませないのだそうだ!
ユングフラウ鉄道で標高3,454mのスイスユングフラウヨッホに行った時は足が重く 頭が痛くなったが 気圧が668hpaまで下がっていたのか!


気圧で思い出した事がある 業務用のVTR (2インチ幅のテープ時代) 真空ポンプでテープの自動装てんをする機器を輸入した時 上手くゆかない 原因は吸引力が大きすぎたのだった このVTRはアメリカからの輸入品で 製造工場が1マイル都市で有名なデンバーのとなり コロラドスプリングスでここも気圧が低い町なのだが
 其処で調整したまま 日本で運転したのが障害の原因だった

台風は和歌山県北部に上陸したようだ 大雨警報などがスマホアプリで賑やかだが 16時20分現在窓の外は雨も風も無い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック