明日は終戦記念日

我がブログも どこかに旅した おいしい物を食べた など暇で平和な事を書いているが たまには悲しかった時代の事も綴っておこう 明日は終戦記念日 敗戦の日なのだ
画像


1945年の夏戦争は終わった 鬼畜米英をやっつけるまでは 「贅沢は敵だ」と吹きこまれて 勉強の代わりに勤労奉仕に駆り出された 石ころだらけの河原にサツマイモを植えたり 戦闘機の潤滑油にするのだと松の木の根を掘らされ アルミの原料のボーキサイトを含有していると言う石を山から運ばされた少年時代 子供心にも松の根や 赤い色の石塊からどれほどの油とアルミニュームが取れるのだろうか?と疑問を抱いた

その頃 父は善通寺に家を買った その理由はその町に アメリカ兵の捕虜収容所があるから爆撃機は来ないだろうと推測したのだ 終戦になって家の隣の練兵場にアメリカの輸送機が落下傘で捕虜のための食糧を投下した
たまに落下傘が開かずに地面に落ちグシャグシャになった缶詰めやチョコレートは 日本人が拾って帰り 潰れた缶詰の泥を洗い 泥だらけのチョコレートは鍋で煮て 沈殿した泥を避けて ココアだと喜んで飲んだ チューインガムも最後まで噛み 胃の中に入った筈だ

電気に興味があった自分としては アメリカの軍用乾電池が金属の缶に包まれていたのがショックだった 今では当たり前だが消耗品に金属を使う国に驚いた 日本では銅像 金属の手摺から火鉢まで金属と名の付くものを供出させて 武器にしていたのだ 挙句の果てに陶器の手榴弾ですよ そんな国なのに軍部は「神風が吹くから必ず勝つ」と騙したのだった

写真借用は
https://www.kagawalife.jp/know/know.php?id=zentsuuji

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック