瀬戸大橋

今朝の新聞で瀬戸大橋が出来たのが30年前の記事 
画像

そうかあれから30年も経つのかと突然思い出した事がある 出来たばかりのあの橋を初めて渡ったのは母の病院見舞いだった 何回か見舞いにこの橋を渡ったが 母の言葉で耳に残っているのがある その一つは
「入院患者で幸せな人は見舞客が多い人なんよ」 いくら大きな家があっても息子が社長と自慢しても 見舞いに来てくれなければ淋しそうよ  二つ目は 
「太郎よ(仮名)大きな家は要らんよ みんなこのベッドが最後よ!」 と寝ていたシングルベッドを指さした
退院してから十数年 広い家で過ごした母だった

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック